日本ロングトレイル協会


NEWS

2017年12月31日

【告知】第5回 ロングトレイルシンポジウム

ロングトレイルによる「歩く旅」のトレンドと国内外の最新情報が集結!!

longtrailforum5.jpg
「ロングトレイルとインバウンド」をテーマに、ワールド・トレイルズ・ネットワークの会長(南アフリカ)らを招聘し、ご講演いただきます。また、新たなロングトレイルの整備状況など、ロングトレイルの最新動向を探ります。
 2018年2月24日(土) 13:30〜17:30
 参加費無料

会場安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター
(以下、安藤百福センター)
主催特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会
共催安藤百福センター
後援環境省、観光庁、長野県、小諸市、一般財団法人全国山の日協議会ほか(予定)
特別協賛ミズノ株式会社(予定)
募集定員100名(定員になり次第締め切らせていただきます)

−2月24日(土)シンポジウムプログラム−(全て予定・敬称略)

Galeo Saintz
ガレオ・セインツ氏

 開会 ご挨拶
記念講演1“Why Long Distance Trails are Important to the World”
 ガレオ・セインツ (Galeo Saintz: World Trails Network Chairman)
 記念講演2「オリンピックとインバウンド」(仮)
 水野 正人(ミズノ株式会社相談役会長/日本オリンピック委員会名誉委員)
講演「インバウンドの施策について」(仮)
 国土交通省観光庁(調整中)
パネルディスカッション
「ロングトレイルにおけるインバウンドへの課題」(仮)
 ルーカスB.B.(Paper Sky 編集長)
 近藤 謙司(国際山岳ガイド)
 高野 賢一(信越トレイルクラブ事務局長)
 その他「事務局からのご報告」
17:30 終了/18:00〜 懇親会(有料 4,000 円)

−2月25日(日)第3回ロングトレイルのつくり方講座−
『海外のロングトレイル』

海外の先進的な事例などから、日本でトレイルを整備・運用していく際のヒントを探ります。

9:30 〜 12:30(定員 20名)
 参加費 1,000 円

 岡野 隆宏(環境省自然環境計画課保全再生調整官)
 節田 重節(日本ロングトレイル協会会長)
 佐伯雅視(北根室ランチウェイ会長)
 根津 貴央(アウトドアライター)


⇒印刷用パンフレット(PDF)

※プログラムは予告なく変更する場合があります。


■お問い合わせ・お申し込み

安藤百福センター ロングトレイルシンポジウム係(担当 安藤、小島)
〒384-0071 長野県小諸市大久保 1100
TEL 0267-24-0825  FAX 0267-24-0918

※FAX の場合、下記の申込書にご記入ください。申込書はお一人様につき1枚ご記入ください。
 ⇒ 印刷用申込書(PDF)

■宿泊について
 宿泊をご希望の方は、会場近隣のホテルをご紹介いたします。
 安藤百福センターからホテルまで送迎いたします。 【宿泊費 朝食付6,500円程度】

posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 09:52| 事務局通信
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION レポート コラム メディア ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会 制作:合資会社ティ・ボックス