日本ロングトレイル協会


NEWS

2019年05月26日

淡路島ロングトレイル構想「ALTサミットin竹原」

2019.06.22(土)16:00-20:00 @あわじ花山水
参加費\2,000(懇親会不参加の方は無料)

竹原集落では、集落住民と淡路島内外のサポーターとの協働の下「淡路島ロングトレイル構想(ALT)」の実現に向けた取り組みを、ゆっくりと進めています。
今回は「サミット」と題し、参加者の方とALTの取り組みを振り返りながら、今後のALTの活動やイベント等について、自由な意見交換を実施したいと思います!
意見交換の後はBBQ懇親会も予定していますので、夕食を共にしながら、これからのALTについて語り合いましょう!
過去のALT関連イベント参加者歓迎!勿論、参加したことのない方の参加も大歓迎です!初めての方もリピーターの方も是非お越し下さい。
意見交換会のみの参加、BBQ懇親会のみの参加(会費有)も可能です。
15:45 受付開始
16:00 WS形式の意見交換会
18:00 BBQ懇親会(食材の差し入れ大歓迎です!)
20:00 閉会、解散

■意見交換会について
4つのテーマに分かれ、ワークショップ形式で意見交換やアイデアを出し合いましょう。
テーマの選択は自由です。アイデア出しに必要な資料はこちらでご用意します。

1)イベント企画
竹原地区の空間や資源を活かすことや、トレイル以外のコンテンツやテーマを織り交ぜること等を意識しながら、
アウトドア愛好者のみならず、様々な来訪者が楽しめるようなイベントを考案します。
これまで実施してきた「DIYトレイル」「ヨガ×トレイル」のように、新たな「◯◯×トレイル」を提案してみましょう。

2)コースの管理と開拓
淡路島を一巡りできる「しまあるき」のコースを繋ぐ為に、
少し広域的な視点で、新たなルートとなる道筋、またはその手掛かりとなる情報を整理します。
既存の登山道のみならず、古道や農道を辿る、或いは魅力的なスポットを繋ぐような方法で、次のトレイルコースを考案します。
またそのコースの質(安全性や分かりやすさ、魅力等)を維持する為の仕組みも併せて提案してみましょう。

3)広報とPR・マネジメント
ALTや竹原地区の認知度やイベントの情報等を淡路島内外に広げていく為の広報やPRの方法について考案します。
様々なターゲットが想定される中で、どのようなツールやメディア、或いはタイミングで、どのような情報を発信していくべきかを検討すると共に、
淡路島や竹原地区のファンやサポーターを増やし、良い関係を維持していく為の方法や体制について提案してみましょう。

4)自然・歴史とガイド
竹原地区及びALTの来訪者に、地域の自然や歴史(その他の魅力も含む)を紹介するガイドの内容について考案します。
竹原の集落やトレイルコースにはどのようなスポットがあるのか、
適切な解説のペースや量、或いはガイドが備えておくべき能力やスキル等、竹原地区にふさわしいガイド像について提案してみましょう。

■お申し込み方法
下記連絡先へ、電話またはFAX・メールにて、
参加希望者全員の「氏名」「住所」「生年月日」「連絡先」「BBQ懇親会の出欠」をお伝えください。
申込締切(6/17)または定員(20名)に達し次第、応募は締め切らさせて頂きます。

メール:awaji.longtrail.hq@gmail.com
淡路島ロングトレイル協会設立推進委員会・事務局(本メールの送信元です)

電話・FAX:0799-22-7300
あわじ花山水・水田

Facebookのイベントページからもお申し込みいただけます。


■備考
・参加費は当日受付にてお支払い頂きます。
・飲み物はビール、酎ハイ、お茶を準備しています。それ以外の飲み物が必要な方は恐れ入りますが持参下さい。
・車・バイクでお越しの方の飲酒はご遠慮下さい。
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 20:20| トレイルニュース

2019年05月24日

高島トレイル:6月のイベント

第5回 コアジサイ咲く大御影山 日帰り14分割
近江坂古道の見事なブナ林とコアジサイと日本海の絶景が楽しめます。
高島トレイルの最深部のご案内です。

開 催 日:     6月8日(土)
集   合:     JR近江今津駅(受付8:30〜8:40)
定   員:     12名
参 加 費:     8,000円

第6回 高島トレイル最高峰の三重嶽 日帰り14分割
高島トレイルの最高峰の三重嶽。本谷からのアプローチにあるブナ林は、気持ちのいい樹林帯です。小池にある、モリアオガエルの卵も神秘的です。

開 催 日:     6月22日(土)
集   合:     JR近江今津駅(受付8:30〜8:40)
定   員:     12名
参 加 費:     8,000円


●お申し込み・お問い合わせ
NPO法人 高島トレイルクラブ
https://takashima-trail.jp/tour
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 14:52| トレイルニュース

霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル:6月のイベント

オフィシャル踏破ツアー 第2回 Region B
名峰に囲まれた尾根道をゆっくりガイドと歩く
大門峠〜中央分水嶺を霧ヶ峰高原から八島湿原へ

日   時:     6月16日(日)
集   合:     大門峠 9時00分 ※受付8:30〜
対   象:     10歳以上の健康な方
参 加 費:     7,000円(税込)
※お弁当、ガイド料、保険、移動費、日帰り温泉入浴券(*)を含む
  (*長門温泉やすらぎの湯または和田宿温泉ふれあいの湯)

自然観察・保守・管理 運営協賛者募集ツアー Region B
霧ケ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル開設10周年を迎え、賛助会員募集ツアーの開催です。
賛助会員はトレイルの自然環境の保全、利用促進を主体に活動しています。
中央分水嶺トレイルに関心を持ち保護保全・活用にご協力・協賛して戴ける方、もしくはトレッキング、ハイキングに興味をお持ちの方の参加を歓迎します。

開 催 日 :6月19日(水)
集   合:午前9時 大門峠
対   象:10歳以上の5時間程度の山歩きができる人。
参 加 費: 無料です。傷害保険付与、ルートガイド付。各自お弁当を持参ください。

完全踏破ツアー 初夏
新緑とレンゲツツジを鑑賞する歩く旅
長門牧場から大門峠。霧ヶ峰の草原を楽しみ八島湿原から鷲ヶ峰を超えて和田峠へ。三峰山の眺望を楽しみ扉峠から美ヶ原高原へ2泊3日の完全踏破ツアーのご案内です。公認ガイドと歩きを楽しみ、自然を楽しむ完全踏破ツアーの特典をGET!

開 催 日 : 6月23日(日)〜6月25日(火)【2泊3日】
集   合:     新宿8:00ごろ〜茅野〜白樺湖11:30集合
対   象:     10歳以上の健康な方
参 加 費:     28,000円(税込)
※宿泊費(2泊夕2食・朝2食)、お弁当3食、ガイド料、保険、移動費を含む
※ご宿泊は、トレイルゲストハウス(トレイル協賛施設)からお選びください

posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 14:49| トレイルニュース

2019年05月17日

【告知】大人のトレイル歩き旅講座2019

※5/17 〆切を延長しました。
 ・第1回シェフから学ぶソトゴハン 5/23(火)まで 残り4名
 ・第2回風景撮影術(初夏の花編) 5/30(木)まで
※5/8 第2回の要項を掲載しました。
※5/4 第1回の要項を掲載しました。

ロングトレイルの楽しみ方を学ぼう!
その道のプロが教える 大人のトレイル歩き旅講座2019


歩く山旅として注目されているロングトレイル。美しい景色をたんのうしたり、地域の産品を食べたりと、歩く楽しみはたくさんありますが、「もっと学習して楽しみ方の幅を広げてみたい!」という声を耳にします。そんなみなさんの要望に応えようと、歩き旅のスキルアップとなる講座を用意しました。この講座でチカラをつけて、トレイル歩き旅をもっと楽しみましょう!

日程およびテーマ

第1回 5/25(土)〜26(日) シェフから学ぶソトゴハン(夏ごはん編)
  ⇒要項はこちら(PDF)

「山で食べるおにぎりやラーメンは手軽でいいんだけど、料理しているハイカーってカッコいいよなぁ」という憧れ、ぜひ実現させましょう!経験豊富なシェフからワンバーナーでできるレシピを中心に、プロ直伝の料理がおいしく楽しくなるテクニックを伝授。アウトドアで食べる喜びを、みんなで味わいましょう。

内容(予定):食事計画の立て方、携帯方法のコツ、時短テクニック、ワンバーナークッキング、他


講師:鴨川 知征(イタリア料理シェフ、浅間兄弟代表)
神奈川県出身。信州・小諸発信の料理ユニット「浅間兄弟」代表&洋担当シェフ。東京のイタリア料理店にて勤務後、2016年に長野県小諸市へIターン。移住担当の小諸市地域おこし協力隊を兼務し、任期終了後は市内にレストランをオープン予定。得意な「食」を通しての地域おこしを模索中。

第2回 6/1(土)〜2(日) 実践!相手に伝わる風景撮影術(初夏の花撮影編)
  ⇒要項はこちら(PDF)

きれいな風景に感動して撮ったけど「あれ?こんなのだったかなぁ……」となりがちな写真。ちょっとしたコツで劇的に変化する撮影術を、歩きながら学びます。一人ひとり講師から講評してもらえる実践的な内容なので、「伝わる写真を撮るためには」といった視点を身につけるチャンスです。講座の最後は全員参加のフォトコンテスト!心に残る一枚に挑戦してみましょう。※一眼レフカメラでのレクチャーを

想定内容(予定):作例を元にしたポイント説明、紅葉の撮り方、フォトコンテスト、他


講師:山本 啓一(一般社団法人日本写真講師協会認定講師、公益社団法人日本写真協会会員、フォトマスター検定エキスパート)
撮影ジャンルは風景全般で、森の中を歩きながら撮影することが好きで、八ヶ岳に移住。自然の中で何か面白いもの、楽しいものはないかと探している。「わかりやすく、楽しく」をモットーに、上級者を目指す方から初心者の第一歩にも対応。

第3回 10/12(土)〜13(日) 自然の見かたが変わるネイチャートレッキング

「自然の中を歩くだけでも楽しいんだけど、生き物や植物にも興味がわいてきた」という方に、プロのネイチャーガイドによる自然の奥深さを体感できる機会を用意しました。野生動物を切り口に、生物の暮らしや生存戦略などなど、ユニークで自然界の見かたが変わる内容です。これからネイチャーガイドを目指す人にもオススメ!

内容(予定):森のしくみ、生き物たちの生存戦略、アニマルトラッキング、他


講師:杉山 隆(OctoberDeer代表、信州登山案内人)
埼玉県出身。国際アウトドア専門学校卒業。哺乳類を筆頭に生き物大好き。動物の頭骨や毛皮を多数所持。昔はカモシカにお熱だったが、フィールドを八ヶ岳に移してからはニホンジカをメインにインタープリターションをしている。趣味はスノーボード、クライミング、コーヒー、読書、野外料理、車中泊。最近はキノコにハマる。

第4回 11/23(土)〜24(日) 手書きで残すトレイルノートのつくりかた

記憶だけでは薄れてしまう、ロングトレイルの貴重な体験。ブログやSNSもいいんだけど、味わいある手書きの記録は、旅の思い出をいつまでも残してくれるはず。デザイナーおすすめの手帳や道具を紹介しながら、イラストの描き方やレイアウトのコツを伝授します。自由に書く楽しさを知って、自分だけの旅記録をつくってみませんか?

内容(予定):イラストやスケッチの書き方、おすすめの道具紹介、実践トレイルノートづくり、他


講師:江村 康子(グラフィックデザイナー、手書き地図推進委員会公認手書き地図作家)
新潟県出身。結婚をきっかけに長野県へ、現在は佐久市在住でフリーランス。紙モノをメインにデザインの仕事をしているが、最近はイラストをつかって手書き地図や絵メモを書いたりすることが増えた。身近にあるもので記録を残していく「気軽さ」を一緒に楽しみたい。

第5回 12/14(土)〜15(日) 大地の見かたが変わるジオ・トレッキング

トレイルを歩いていると「この大きい岩はどこから来たんだろう」「どうやってこういう地形になったんだろう」など、不思議に思ったことが誰しもあるはず。そんな大地の謎を歩きながら紐解いていく、サイエンスツアーを企画しました。知的好奇心をくすぐるジオの世界を体感してみましょう。

内容(予定):地学の基本、地形・地層の見方、他


講師:竹下 欣宏(信州大学教育学部准教授)
愛知県新城市出身。2004年3月信州大学大学院博士課程を修了。栃木県立博物館、戸隠地質化石博物館、信州大学教育学部助教を経て2012年より現職。地球の歴史の中で一番新しい時代の地層(第四紀)や岩石を対象として、大地の生い立ちを読み解く研究をしている。


基本情報(各回共通)
定員20名(最少催行人数10名、定員になり次第〆切)
対象20歳以上
集合1日目13時→1日目解散17時頃
2日目9時 →2日目解散12時頃(回によっては15時終了)
参加費各回5,000円
※第1回は別途食材費2,000〜3,000円、第4回は別途道具代1,000〜2,000円がかかります(金額は調整中)。
★その他、宿泊や食事は希望者のみ以下の金額が発生
安藤百福センター宿泊費600円
1日目夕食代 1,500円(みんなで料理を予定)
2日目朝食代  500円(お弁当を予定)
2日目昼食代  600円(お弁当を予定)※第1回は自炊のため不要
費用は全て当日現金でのお支払いとなります。
会場安藤百福センターおよび周辺トレイル(歩行距離は、概ね5〜10kmほど)
主催安藤百福センター
後援NPO法人日本ロングトレイル協会、(一財)全国山の日協議会、小諸市(全て申請中)
お問い合わせ・お申し込み

安藤百福センター 事務局(担当:小島)
TEL:0267-24-0825  →メールでのお申込はこちら
必要事項【希望回、氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、メールアドレス、宿泊の希望】
※食事等の希望については申込者へ個別にご連絡いたします。

ソトゴハン1ソトゴハン2

風景撮影術1風景撮影術2
ネイチャートレッキング1ネイチャートレッキング2
トレイルノート1トレイルノート2
ジオトレッキング1ジオトレッキング2
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 18:09| 事務局通信

2019年05月03日

大江山連峰トレイル:地図読み 基礎講座

鬼っこの会研修で”地図読み基礎講座”を行います。
一般の方でも参加していただけるオープンな講座となります。

近年のスマホの進化はめざましく、YAMAPなどデジタルツールを利用して登山される方を多く見かけます。
しかし便利なツールもバッテリー切れや故障に見舞われては大変。
山を歩くならば地図読みが出来るに越したことはありません。
この機会に地図読みをはじめてみませんか?
習得出来ればこれからの山歩きが楽しくなること間違いなし!(o^-・)b
ご参加お待ちしています。

     日 時:2019年5月12日(日曜日)
        9:00 大江山グリーンロッジに集合
        15:00 解散予定

    場 所:大江山グリーンロッジ 童子荘 及び 周辺

    内 容:午前・・・座学、午後・・・現地にて実技

    受講料:500円

詳細・お問い合わせ
https://oeyama-trail.wixsite.com/kyoto/blog
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 10:48| トレイルニュース

霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル:イベント2件

自然観察・保守・管理 運営協賛者募集ツアー Region A
 
霧ケ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル開設10周年を迎え、賛助会員募集ツアーの開催です。
賛助会員はトレイルの自然環境の保全、利用促進を主体に活動しています。
中央分水嶺トレイルに関心を持ち保護保全・活用にご協力・協賛して戴ける方、もしくはトレッキング、ハイキングに興味をお持ちの方の参加を歓迎します。

ルート
令和元年5月22日(水) Region A 長門牧場〜大門峠 集合:長門牧場

集合時間
    午前9時 所要時間は各回約4時間
参加費
    無料です。傷害保険付与、ルートガイド付。各自お弁当を持参ください。
参加条件
    10歳以上の5時間程度の山歩きができる人。

詳細・お問い合わせ
http://www.morinomanabiya.com/wordpress/hoshukanri-tour/


不思議な探検の旅! トレイルサブルート男岩・女岩の魅力に迫る
 
鷲ヶ峰の懐に男女倉の地名の由来とされる男岩と女岩が鎮座しています。男岩の周囲には山ツツジの群生地があり花の時期には訪れてみたい所です。

開催日
    令和元年5月26日(日曜日)
ツアー時間割
    長和町男女倉公民館 午前9時集合
    男女倉口〜林道〜女岩〜男岩〜鷲ヶ峰尾根口〜八島湿原〜男女倉口
    全行程 約5時間
定員
    20名(最小遂行人数 5名)
参加費
    2,000円/1名様 (税込み)
参加費に含まれるもの
    傷害保険 ルートガイド案内謝礼 長和町施設共通温泉券
参加条件
    10歳以上の5時間程度の山歩きができる人

お申込締切
    令和元年5月13日(月)

詳細・お問い合わせ
http://www.morinomanabiya.com/wordpress/sub-0526/
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 10:43| トレイルニュース

信越トレイル:2019 集中整備・自然環境調査

雪融けもすすみ、いよいよ信越トレイル2019年シーズン幕開けの季節が近づいて参りました!
シーズン直前に毎年の恒例であります、集中整備・自然環境調査を行います。
皆さまふるってご参加ください!

●集中整備

主な峠の冬季通行止め解除に併せて、トレイルの集中整備を行います。
トレイルを安全かつ快適に利用することが出来るよう、
多くのボランティアのご協力をお待ちしております。

6月 2日(日) セクション3(涌井〜仏ヶ峰登山口)
【集合・解散】戸狩温泉スキー場 とん平

6月 3日(月) セクション4(仏ヶ峰登山口〜関田峠)
【集合・解散】戸狩温泉スキー場 とん平

6月16日(日) セクション5(関田峠〜伏野峠)
【集合・解散】なべくら高原・森の家

6月17日(月) セクション6(伏野峠〜天水山)
【集合・解散】なべくら高原・森の家

●自然環境調査

トレイルの持続的な利用と自然環境保全の両立のため、
トレイル周辺の動植物の調査を毎年行っています。
動物、植物などの調査グループに分かれて歩き、見かけた動植物を記入していきます。
特別な知識は必要ありません。調査という視点で信越トレイルの自然に触れて下さい。

6月5日(水) セクション1(斑尾山〜赤池)
【集合・解散】まだらお高原・山の家

6月6日(木) セクション2(赤池〜涌井)
【集合・解散】まだらお高原・山の家

詳細・お問い合わせ
http://www.s-trail.net/

posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 10:32| トレイルニュース
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION レポート コラム メディア ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会 制作:合資会社ティ・ボックス