日本ロングトレイル協会


NEWS

2022年04月28日

【告知】ロングトレイルハイカー入門講座 第1回 歩き方と装備の基本を学ぼう【オンライン開催】

【申し込み〆切5月7日】

こちらは、ロングトレイルハイカー入門講座 第1回「歩き方と装備の基本を学ぼう!」の内容を一部オンライン用に構成した講座です。

トレイル歩きを始めたい人、すでに歩いているけれど、自己流で、これでいいの?と不安に思っている人。
何を持っていけばいいんだろう、どんな準備をすれば……など、疑問は尽きないことでしょう。
今回は、トレイルの基礎知識から、トレイルを歩くために必要な装備や歩き方などを、プロのガイドから学びます。
パッキングのコツや、装備品のメンテナンスなど、知りたかったことの答えがきっと見つかるはずです!

●概要
日 時5月14日 13時〜16時
参加費2,000円(入金〆切5/10) ※振込手数料はご負担ください
使用ツールZOOM
最少催行人数8名
定 員30名

●講師
杉本 晴美(日本山岳ガイド協会認定ガイド、登山・自然ガイド「山音(やまね)」主宰)

神奈川県出身。学生時代に過ごした長野の風景に魅せられ長野県信濃町に移住。田舎暮らしをしながら安全に自然を楽しむ山歩きをモットーに登山・自然ガイド、スキーガイド、自然体験活動指導などを行う。地元の妙高戸隠連山国立公園や上信越国立公園の山々、北アルプス、八ヶ岳を中心に、山城跡や古道なども広く案内している。


●内容
  • トレイルの種類について
  • 装備(服装、靴、持っていくもの)とパッキング方法
  • 歩き方の基本(平地、登り、下り)
  • 歩き終わったらメンテナンス(靴、ザック、ウェア)
●当日スケジュール(仮)
12:30待機室オープン
13:00挨拶・オリエンテーション
13:10講義@
14:10講義A
15:10講義B
16:00終了、アンケート回答
●備考
  • お申込みいただいた方に、お振込先および概要をご連絡いたします。
  • 期日までに入金が確認できない場合はキャンセルとさせていただきます。
  • 入金が確認できた方には、5月11日にURLや当日のご案内をお送りいたします。
  • 参加者が少ない場合は中止となる可能性もございますので、お含みおきください。その場合、お預かりした参加費は全額返金いたします。
  • 参加者の事情によるお振込み後のキャンセルにはキャンセル料および返金のため振込手数料がかかりますので、ご了承ください。
●お問い合わせ・お申し込み

安藤百福センター ロングトレイルハイカー入門講座係(担当:横堀)
TEL:0267-24-0825  →メールフォームでのお申込はこちら【申し込み〆切5月7日】
必要事項【希望回、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス】


posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 21:44| 事務局通信

【告知】ロングトレイルハイカー入門講座2022

■4/28 第1回「歩き方と装備の基本を学ぼう」は、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染対策のため、
オンライン開催に変更となります。
 ⇒ 詳細はこちら (申し込み〆切5月7日)

■申込状況(4/27現在)
 第2回 キャンセル待ち受付中
 第3回 キャンセル待ち受付中
 第4回 キャンセル待ち受付中
 第5回 キャンセル待ち受付中
 第6回 キャンセル待ち受付中

「トレイル歩き、始めてみようかなぁ」という方のために、ゼロから学べる講座を企画しました! 事前の計画・装備などの準備編から、楽しみ方・トラブル対処などの実践編まで、座学とトレイル体験がセットで学べる内容となっています。歩き方の基本を学び、みんなで一緒に楽しみながらステップアップしていきましょう!


日程およびテーマ

第1回 5月14日(土)〜15日(日) 歩き方と装備の基本を学ぼう (オンライン開催)

⇒ 詳細はこちら (申し込み〆切5月7日)

講師:杉本晴美 (日本山岳ガイド協会認定ガイド、登山・自然ガイド「山音(やまね)」主宰)

第2回 6月4日(土)〜5日(日) 地図とコンパスを使いこなそう

安藤百福センター周辺(約8km)
講師:松浦慎  (日本山岳ガイド協会認定ガイド、マツウラ企画主宰)

第3回 7月9日(土)〜10日(日) 空を見て天気を判断しよう

池の平口〜篭ノ登山〜水ノ塔山〜高峰山〜車坂峠(約4km)
講師:猪熊隆之 (株式会社ヤマテン代表取締役、気象予報士)

第4回 9月10日(土)〜11日(日) もしもの時の対応を身につけよう

安藤百福センター周辺(約5km)
講師:松尾雅子 (信州登山案内人、中央アルプス地区山岳救助隊員)

第5回 10月22日(土)〜23日(日) テントに泊まって縦走しよう

1日目:安藤百福センター〜みはらし交流館(約7km、テント泊)
2日目:みはらし交流館〜ねんぼう岩〜高峰温泉(約10km)
講師:堀江博幸 (アサマフィールドネットワーク代表、アウトドアプランナー)

第6回 2月4日(土)〜5日(日) スノーシューで雪のトレイルを歩こう

1日目:水ノ塔山(約4.5km)
2日目:高峰山、車坂山(約4km)
講師:杉山隆 (OctoberDeer代表、ネイチャーガイド)

講師プロフィール

杉本 晴美(日本山岳ガイド協会認定ガイド、登山・自然ガイド「山音(やまね)」主宰)

神奈川県出身。学生時代に過ごした長野の風景に魅せられ長野県信濃町に移住。田舎暮らしをしながら安全に自然を楽しむ山歩きをモットーに登山・自然ガイド、スキーガイド、自然体験活動指導などを行う。地元の妙高戸隠連山国立公園や上信越国立公園の山々、北アルプス、八ヶ岳を中心に、山城跡や古道なども広く案内している。


松浦 慎(日本山岳ガイド協会認定ガイド、マツウラ企画主宰)

茨城県出身。「マツウラ企画」にて年間を通して山や自然のガイドを行う。八ヶ岳や奥秩父、北アルプスでの縦走登山をメインに、花を巡る山旅などの企画実施、地図読みやテント泊などの講習登山も行っている。2021年に東京から長野県塩尻市に拠点を移し、塩尻の里山の魅力を見つけるため、時間があれば近所の山を歩き回っている。


猪熊 隆之(株式会社ヤマテン代表取締役、気象予報士)

新潟県出身。チョムカンリ(チベット 7,048m)登頂、エベレスト南西壁左〜西稜(7,650mまで)、剱岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。中央大学山岳部監督、国立登山研修所専門調査委員。著書に『山の観天望気』、『山岳気象大全』(山と溪谷社)、『山岳気象予報士で恩返し』(三五館)など多数。


松尾 雅子(信州登山案内人、中央アルプス地区山岳救助隊員)

神奈川県出身。幼少期より外遊び、冒険、キャンプ、登山が大好き。百戦練磨のアウトドア経験&日本の屋根を闊歩。「それはカッコいいか、今楽しいか。全力で取り組んだか。練習は裏切らない」を自問自答。4人の子育てを経た肝っ玉母ちゃんガイドとして、コミュニケーション能力、安全管理能力に定評がある。ニックネームは「アルプスのはな」 。


堀江 博幸(アサマフィールドネットワーク代表、アウトドアプランナー)

千葉県出身。2002年、東京での銀行員の仕事に区切りをつけ、浅間山麓に移住。2006年、プロのネイチャーガイドとして「アサマフィールドネットワーク」を立ち上げ、浅間山麓の魅力を存分に散りばめたネイチャーツアーを開催。独自のアウトドア感覚で楽しめるツアーは首都圏を中心に口コミで人気が広がり、リピーターが絶えない。近年はアウトドアや農業を切り口にしたコミュニティ作りを進めている。


杉山 隆 (OctoberDeer 代表、ネイチャーガイド)

埼玉県出身。国際自然環境アウトドア専門学校卒業後、長野県内の自然学校で事務局として働く。退職後フリーランスでガイドやファシリテーター、講師など自由気ままに務める。生き物が好きで特に哺乳類が好き。キノコ、山菜、ジビエなど森を食べるのも好き。クモ、ケムシ、フン、骨など、人があまり好きではないものが好きで、それらの魅力を伝えたいと思っている。


基本情報(各回共通)
対 象ロングトレイルに興味のある20歳以上
参加費7,000円(講習代、保険代込)(第5回、第6回のみ8,000円)
★その他、宿泊・食事を希望の方は、以下の費用が必要です。
 安藤百福センター宿泊費600円
 1日目夕食代 1,600円
 2日目朝食代  800円
費用は全て当日現金でのお支払いとなります。食事代は注文人数によって変動します。
また、全体の注文数が少ない場合は各自での手配となる可能性があります。
講習会場安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(安藤百福センター)
フィールド浅間・八ヶ岳パノラマトレイル、他
定 員16名〜20名(スノーシューは10名〜16名) 最少催行人数8名
主 催安藤百福センター
後 援小諸市、NPO法人日本ロングトレイル協会、NPO法人浅間山麓国際自然学校、一般財団法人全国山の日協議会(予定)

お問い合わせ・お申し込み

安藤百福センター ロングトレイルハイカー入門講座係(担当:横堀)
TEL:0267-24-0825  →メールフォームでのお申込はこちら
必要事項【希望回、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス】


※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況等によっては
中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 ⇒ コロナ禍におけるイベント催行等の基準(目安)



posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 21:32| 事務局通信

2022年04月23日

田束山つつじ満喫!みちのく潮風トレイルツアー

石巻・登米・南三陸で活動する、おきなくらEELsからイベント情報が届きました。

ツツジ咲き誇る田束山(たつがねさん)山頂を目指して、
かつて修験道として使われていた行者の道を歩きます。
田束湖の払川ダムをスタート&ゴールにした体力に自信のある方向けコースです。

日 程:2022年5月8日(日)、15日(日)
時 間:09:00〜15:00
集 合:払川ダム 駐車場
対 象:小学生以上の健康な方
定 員:20名(最小催行人数2名)
料 金:¥3,500-
    ※通常プランと異なりますので、グループ参加による割引等はございません。
服 装:動きやすい服装と歩きやすい靴、ステッキやグローブなど
    必要に応じてご用意ください。
持ち物:飲み物、帽子、雨具、参加費、保険証
その他:荒天等で中止の場合は前日19:00までにメールにて連絡します。

申込時の注意事項
 申込手続きは、参加者全員それぞれ1回ずつ必要です。
 (グループで一括の申込はできません。)

●詳細・お問い合わせ
NPO法人 みちのくトレイルクラブ
https://m-tc.org/
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 11:13| トレイルニュース

2022年04月13日

みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター 親子で楽しむ無料プログラム

みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター野営場の正式オープンを記念して、
親子で楽しむ無料プログラムを開催します。

※対象:小中学生
開催日:2022年4月17日(日)
場所:みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター

(1)凧づくりワークショップ
(講師:愛島伝承凧の会 武田 堆雄 先生)
江戸時代から仙台などの地域に伝わる伝統的な凧「するめ天旗(てんばた)」を
名取市愛島産の竹ひごを使って作ります。講師の武田先生は元小学校の校長先生です。
凧作りを教わりながら、名取の歴史や自然などについても一緒に学んでみませんか?
閖上の空に、皆で凧を高く揚げましょう!
時間:9:00〜12:00(3時間)
会場:名取トレイルセンター講義室、野営場(凧揚げは雨天中止)
定員:約20名(親子でお申込み下さい)
事前申し込み:必要
申込締切:4/15(金)〜17:00
持ち物:マスク、手をふくためのタオル、エプロン

(2)スラックライン体験教室
(講師:NPO法人仙台スラックラインの皆さん)
スラックラインとは、細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむ綱渡りのような
スポーツです。体幹や集中力などを養うことができると言われており、子供から大人まで
楽しめます。
時間:10:00〜15:00の間(随時)
会場:野営場(雨天中止)
定員:なし。参加者多数の場合はお待ちいただく場合があります。
事前申し込み:不要

(3)テント、ツェルト張り体験会
(講師:名取トレイルセンター職員)
テントやツェルトに実際に触ってみて、張り方を体験してみましょう。
みちのく潮風トレイルのハイカーはハイキングの際にツェルト
(ドイツ語でテントのこと。棒2本と紐があれば組み立てられる軽量なテントです。)
を持って歩く方が沢山います。
テントとツェルトの違いなどについても、名取トレイルセンターの職員がご説明します。
時間:11:00〜15:00
会場:野営場(雨天時はサンルームにて見学のみ)
定員:なし。参加者多数の場合はお待ちいただく場合があります。
事前申し込み:不要

●詳細・お問い合わせ
NPO法人 みちのくトレイルクラブ
https://m-tc.org/
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 12:50| トレイルニュース

2022年04月04日

【告知】第9回ロングトレイルシンポジウム

3/3 ※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い
   4月9日に延期とさせていただきます。

〜アフターコロナはロングトレイル〜

コロナ禍で人々のライフスタイルの変容が進み、健康と自然へのニーズがかつてない高まりをみせています。その結果、「歩く」「山を歩く」「山を旅する」などが注目されてきました。この動きは世界的にも同様で、アフターコロナの地域観光のコンテンツとしても期待されています。そこで今回のシンポジウムでは、アフターコロナを見据えて、ロングトレイルの果たす役割と課題などについて論じます。


開催期日
2022年4月9日(土)  13:30〜18:00
主 催特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会 ⇒公式サイト
共 催安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター(以下、安藤百福センター)
後 援環境省、林野庁、観光庁、長野県、長野県教育委員会、小諸市、小諸市教育委員会
特別協賛ミズノ株式会社
会 場安藤百福センター
定 員50名+オンライン配信(参加費無料)

■プログラム(順不同・敬称略)

○挨拶
安藤 宏基(公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団 理事長)
小泉 俊博(小諸市長)

○対談
「グレート・ヒマラヤ・トラバースへの挑戦」(仮)
重廣 恒夫(日本山岳会 G・H・Tプロジェクトリーダー)
松田 宏也(日本山岳会 理事・千葉支部長)
節田 重節(日本ロングトレイル協会 会長、元日本山岳会 副会長)
 コーディネーター 若菜 晃子(エディター)

○報告
「アフターコロナの地域観光と期待されるロングトレイル」
佐藤 司(観光庁観光地域振興部観光資源課 新コンテンツ開発推進室 室長)

○解説
「旅行会社から見たロングトレイル」
芹澤 健一(アルパインツアーサービス株式会社 代表取締役社長)

○解説
「JAPAN TRAIL構想について」
中村 達(日本ロングトレイル協会 代表理事、安藤百福センター センター長、JAPAN TRAIL制作委員会)

○報告
@新規加入トレイルの活動状況について
スノーカントリートレイル
栗駒山麓ジオトレイル
茨城県北ロングトレイル
富士山ロングトレイル
A北海道のアウトドアズとロングトレイル
木村 宏(北海道大学 教授)

○連絡
「日本ロングトレイル協会からのお知らせ」
村田 浩道(日本ロングトレイル協会 常務理事・事務局長)

■お申し込み

 申込フォーム 会場参加 オンライン配信


 安藤百福センター事務局
 TEL 0267-24-0825  info-center@momofukucenter.jp
 参加種別、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、(所属)、住所、電話番号、メールアドレスをお知らせください。


※プログラムは予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染状況によって、規模の縮小やWEB配信のみ、もしくは中止する場合があります。あしからずご了承ください。
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 12:26| 事務局通信

2022年04月01日

みちのく潮風トレイル「歩き旅とテント泊の楽しみ方」

宮城県仙台市出身 高橋庄太郎さんの「歩き旅とテント泊の楽しみ方」

みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター野営場の正式オープンを記念して、宮城県仙台市出身の山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんをゲストにお迎えし、4月16日(土)にイベント「歩き旅とテント泊の楽しみ方」を開催します。

第一部のトークイベントでは、テント泊によって更に広がる「歩き旅」の楽しみ方についてお話しいただき、第二部では野営場で高橋庄太郎さんと一緒にテント泊をしながらの懇親会を開催します。

開催日:2022年4月16日(土)
 第一部 トークイベント 
  時間:13:00〜15:00
  開催場所:講義室
  定員:40名
  参加費:無料
 第二部 テント泊懇親会 
  時間:17:00〜翌朝解散
  開催場所:野営場
  定員:20名(テント泊懇親会のみのご参加は受け付けておりません)
  ※第二部にご参加の方は、別途フリーサイト料金(1,320円)をお支払いください。
  ※テントや寝袋、飲食物は各自ご用意ください。
  ※テント設営は出来るだけ第一部開始前にお願いいたします。

場所:みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター
(宮城県名取市閖上東三丁目12-1)

主催:NPO法人みちのくトレイルクラブ

●詳細・お問い合わせ
NPO法人 みちのくトレイルクラブ
https://m-tc.org/
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 18:43| トレイルニュース

広島湾岸トレイル情報

湾岸覇者&山王登録者拡大キャンペーン
湾岸覇者&山王の 2 制度に新規登録した場合、新規登録の紹介者及び登録者にHWT缶バッチ¥1,000をプレゼントします。但し、湾岸山王登録者様は「山王挑戦の缶バッチ」となります。

*期間:2022年4月30日まで
*缶バッチの種類:HWT、広島一願道
*受渡し:イベント時に「手渡し or 郵送」。

郵送の場合、 返信用封筒にご自身の住所、氏名を記載し、
¥84 切手同封の封書を下記宛て郵送願います。
      731-1141  安佐北区安佐町鈴張 5040ー18  広島湾岸トレイル協議会

交流会&山歩き安全講習会
山歩きの為の必要な知識、技術を学び体験しませんか!

part1…4/23−会場:宗箇山
part2…5/28−会場:蓮華寺山

*参加費:会員/無料、定員:先着 20 名
▲コロナ禍の感染状況が現状より大幅に好転することが開催条件となります!

詳細・お問い合わせ
広島湾岸トレイル協議会
https://hiroshima-wangantrail.jp/

posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 17:42| トレイルニュース
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION レポート コラム メディア ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会 制作:合資会社ティ・ボックス