日本ロングトレイル協会


NEWS

2023年01月26日

【告知】第10回 ロングトレイルシンポジウム

〜迫るインバウンドの再訪に向けて〜

ウィズコロナの時代へと舵を切り、社会・経済の正常化へ向かう動きが進んできた。また、インバウンドの回復が加速している中で、日本の深い魅力を発見できる「歩く旅」は、ますますニーズが高まると期待されている。そこで今回のシンポジウムは、インバウンドの再訪に向けてロングトレイルがどのような役割を果たせるのか、議論し深めていく機会にしたい。

日 時
2023年2月25日(土) 13時30分〜17時30分
会 場安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(以下、安藤百福センター)
長野県小諸市大久保1100
定 員現地参加50名+オンライン配信100名(参加費無料)
主 催特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会 ⇒公式サイト
共 催安藤百福センター
後 援環境省 観光庁 林野庁 長野県 長野県教育委員会 小諸市 小諸市教育委員会
特別協賛ミズノ株式会社

■プログラム(順不同・敬称略、タイトルは全て仮略)

○挨拶
安藤 宏基(安藤スポーツ・食文化振興財団理事長、日清食品ホールディングス(株)代表取締役社長・CEO、日本ロングトレイル協会名誉会長)
○挨拶
小泉 俊博(小諸市長)

○講演
「田舎の資源を活かしたインバウンド観光 〜Walk Japan 30年の歩み〜」
ポール・クリスティ(Walk Japan CEO)
「どうしたらもっと良くできるか」を問い続けてきた30年を振り返る。
中でも、地域における日々の景観維持活動や、植林された山を多様な動植物が生息できる森に戻すなどのコミュニティプロジェクトは、私たちの活動の中核であり続け、ツアーの付加価値として多くのお客様の心を惹きつけている。
○講演
「それからのJAPAN TRAILレジスタードマーク
中村 達(日本ロングトレイル協会代表理事、安藤百福センター センター長)
○報告
「インバウンドに向けた国立公園の取り組み」
岡野 隆宏(環境省 自然環境局 国立公園課 国立公園利用推進室 室長)

○トークタイム
「山と旅をめぐるこれからのトレンド」
安仁屋 円香(ランドネ編集長)
矢部 華恵(エッセイスト・ナレーター)
青崎 涼子(全国通訳案内士・日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)
 コーディネーター 小林 千穂(山岳ライター)

○講演
「インバウンドを引き付けるアドベンチャーツーリズムの魅力」
山下 真輝(日本アドベンチャーツーリズム協議会理事、JTB総合研究所交流戦略部 部長)
○講演
「京都の自然を歩く 京都一周トレイルレジスタードマーク について」
湯浅 誠二(京都一周トレイル会 会長、(一社)京都府山岳連盟会長)
○紹介
茶の道ロングトレイル
名倉 偉能(茶の道ロングトレイル代表、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)
○ご案内
国東半島峯道ロングトレイル
 清成 隆(国東市役所観光課長兼(一社)国東市観光協会事務局長)

○挨拶
節田 重節(日本ロングトレイル協会会長)

■お申し込み

 申込フォーム 会場参加 オンライン配信

またはTEL 0267-24-0811(日本ロングトレイル協会事務局)でも可


※プログラムは予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染状況によって、規模の縮小やWEB配信のみ、もしくは中止する場合があります。あしからずご了承ください。

IMG_2542.JPG
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 17:15| 事務局通信

2023年01月04日

みちのく潮風トレイル情報

知っておきたいケガの知識 〜野外で活動する人に向けて〜

みちのく潮風トレイルを歩くことはもちろん、自転車やキャンプなど、様々な野外活動は 常にケガのリスクと隣り合わせにあります。ケガをするかもしれないと分かっていても、 実際にアクシデントがあった時のとっさの対応は難しいですよね。

今回は野外で遊ぶときに「知っておきたいケガの知識 」というタイトルで、参加者の皆 さんでいざというときの対処法を勉強します。
1年間を通して全部で6回実施予定ですが、実施内容は各回で異なります。
時間割を選ぶようにご自身が身に着けておきたい内容を選ぶもよし、復習も兼ねて参加す るもよしです。

昨年のファーストエイド講習会に引き続き、アメリカで40年以上前に誕生した一般市民レ ベルの応急手当訓練プログラム、メディック・ファーストエイド(MFA)のインストラク ターで、みちのく潮風トレイルのセクションハイカーである本間一宇さんに講師を勤めて いただきます。

これまでの参加者の皆さんの満足度も非常に高く、「先生の説明がわかりやすく、実践的 で他の参加者の方たちの質問もあって雰囲気がよかった。」といった感想をいただいてい ます。

■主催:NPO法人みちのくトレイルクラブ

■日時:
第5回:2023年1月15日(日)9:30〜15:00
第6回:2023年3月18日(土)9:30〜12:00

■場所:みちのく潮風トレイル 名取トレイルセンター実習室

■参加費:1,000円(資料、資材費)

■定員:10名

■実施内容

■持ち物:
マスク、動きやすく膝を出せる服装(ストレッチ・テーピング実施のため。)
救急セット(お持ちであれば。購入する必要はありません。)

■注意事項:ゴム手袋とアルコールを使用しますので、アレルギーをお持ちの方は代替品 をご持参ください。


ふくしま浜街道トレイルシンポジウム

福島県浜通り地域の市町の自治体の皆さんが中心となり、取り組みが進む「ふくしま浜街 道トレイル」
みちのく潮風トレイルの更に南に続くトレイルであることから、みちのくトレイルクラブ でも事業のお手伝いをさせていただいていますが、今年度はすでに実施済みのハイキング イベントに加え、シンポジウムを開催します。

ふくしま浜街道トレイルの事業の概要やハイカーと地域の方とのトークセッションなど、 このトレイルの開通が楽しみになる内容になっているかと思いますので、ご興味がおあり の方はぜひご参加ください!!

日時:2023年1月22日(日)13:30〜16:30
会場:双葉町産業交流センター1階 大会議室
参加費:無料


●詳細・お問い合わせ
NPO法人 みちのくトレイルクラブ
https://m-tc.org/
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 12:01| トレイルニュース
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION レポート コラム メディア ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会 制作:合資会社ティ・ボックス