日本ロングトレイル協会


NEWS

2019年04月01日

金沢トレイル2019 1区〜3区セクションハイク

金沢トレイルは、金沢の文化や里山の自然を感じる総距離70kmのトレイルです。
今回は、5区間を2回に分けて「歩く旅」を開催します。
衣食住を担ぎ、トレイルレンジャーと共に歩きませんか。
今までにない金沢の魅力と自分に出会えます。

2019年5月2日(木・祝)〜5月4日(土・祝)2泊3日 総歩行距離44.9km
 ※雨天決行、荒天中止

【歩行区間・距離】
 5/2ー1区間 金沢城公園〜医王の里オートキャンプ場(7時間15.9km)
 5/3ー2区間 医王の里オートキャンプ場〜湯涌温泉(7時間30分14.7km)
 5/4ー3区間 湯涌温泉〜熊走町(7時間30分14.3km)

【対象・定員】
 18歳以上で、毎年何度か登山している方、体力に自信のある方(15名)
 今回は連日重い荷物を背負い長距離を歩くため対象を絞らせていただきました。

【参加費】
 6,000円(税込)※受付時におつりが無いようにご用意をお願いします。
 ※宿泊費、食費は別途支払いになります。集合場所までの交通費は、ご自身でご負担ください。

【締切り】
 4月25日(木)17時まで
 ただし、定員に達し次第、締め切らせていただきますのでご了承ください。

【詳細・お問い合わせ】
 http://kanazawa-trail.asia/2019hike1-3/

kanazawa2019-01-1024x1024.jpg
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 16:35| トレイルニュース

2019年03月25日

HP更新

●賃借対照表を掲載しました。
●役員名簿を更新しました。
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 09:29| 事務局通信

2019年03月18日

【報告】第4回全国山の日フォーラム

3月16日、17日に東京で開催された「第4回全国「山の日」フォーラム」は、盛況のうちに終了しました。

1日目:1850人来場 2日目:3120人来場
(会場受付における資料配布数による速報値。)

IMG_20190317_212019_368.jpg

20190316_140049.jpg
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 17:57| 事務局通信

2019年03月04日

ぐんま県境稜線トレイル:登山者向け安全登山講習会

登山シーズンを控え、ぐんま県境稜線トレイルを安全に楽しんでいただくための知識や技能等を学ぶことができる登山者向け安全登山講習会を開催します。
  また、ぐんま県境稜線トレイルに関する情報提供のほか、オンライン登山計画登録システム「Compass」の普及促進活動を行います。 

1 日時  平成31年3月10日(日) 10:00〜15:00
2 場所 群馬県庁1階県民ホール北側  ※お車でお越しの際は、県民駐車場をご利用ください。
3 内容 
(1)ステージ
第1部 ぐんま県境稜線トレイルについて
ぐんま県境稜線トレイルのコース特性、危険箇所、見どころをお伝えします。
第2部 山岳遭難のメカ ニズムと対策
なぜ遭難事故が起こるのか、その原因と対策を学んでおきましょう。
第3部 地図の読み方
地形図を見ながら尾根と沢とピークとコルの見分け方を学びましょう。
第4部 ツェルト講座
非常時に役立つツェルトの選び方と使い方を学びましょう。
第5部 気象遭難の防ぎ方
気象の基礎知識と気象情報を活用した遭難の防ぎ方を学んでおきましょう。
第6部 緊急時のセルフレスキュー
登山時の病気・怪我は初期対応が重要。基本の対応方法を学んでおきましょう。
(2)出展ブース
1) 群馬県スポーツ振興課
ぐんま県境稜線トレイルに関する情報提供
2) Mt.石井スポーツ
地図の読み方・ツェルト講座・気象遭難の防ぎ方・緊急時のセルフレスキュー
3) 群馬県山岳団体連絡協議会
山岳遭難のメカニズムと対策・子ども向けクライミング体験
4) 公益社団法人日本山岳ガイド協会
オンライン登山計画登録システム「Compass」普及促進
(5) 関係市町村PRブース
中之条町・嬬恋村・みなかみ町・新潟県湯沢町
★ぐんまちゃんも来るよ!
4 参加料等  無料(予約不要。各講座は自由に参加できます。)
5 主催  群馬県、ぐんま県境稜線トレイル活用促進協議会
6 協力  Mt.石井スポーツ高崎前橋店、群馬県山岳団体連絡協議会、(公社)日本山岳ガイド協会

詳細・問い合わせ

posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 10:47| トレイルニュース

2019年02月23日

【告知】第6回ロングトレイルシンポジウム

パンフレット(PDF)
⇒ パンフレット(PDF)
「トレイル文化を語る」をテーマに、日本の代表的な北アルプスと八ヶ岳の「道」を、永年に亘って保守管理し、登山文化を支えてきた山小屋の主人達に語っていただきます。また、ニュージーランドを縦断する3,000kmのロングトレイルを歩き通した女性の体験談など、多彩なプログラムにて開催いたします。

期日2019年2月23日(土) 13:30〜17:30
会場安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター
(以下、安藤百福センター) 長野県小諸市大久保 1100
主催特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会
共催安藤百福センター
後援環境省、観光庁、長野県、長野県教育委員会、小諸市、小諸市教育委員会、一般財団法人全国山の日協議会(予定)
特別協賛ミズノ株式会社
参加費無料

■プログラム(予定・敬称略)

ご挨拶
 安藤 宏基(公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団 理事長)

来賓ご挨拶
 鳥居 敏男(環境省大臣官房審議官)、小泉 俊博(小諸市長)

座談会「登山文化を支えてきた道と山小屋」
小池 岳彦(双六小屋主人)
山口 孝(涸沢ヒュッテ主人)
米川 正利(黒百合ヒュッテ主人)
節田 重節(日本ロングトレイル協会 会長)
コーディネーター:若菜 晃子(エディター)

講演「テ・アラロア〜ニュージーランド ロングトレイルの旅〜」
 金井 麻美(登山ガイド)

トレイル報告
(1)みちのく潮風トレイル  相澤 久美(みちのくトレイルクラブ 常務理事)
(2)広島湾岸トレイル    田川 宏規(広島湾岸トレイル協議会 会長)
(3)ぐんま県境稜線トレイル 齊藤 義之(群馬県スポーツ振興課スポーツプロジェクト推進室長)

解説
「JAPAN TRAILについて」
中村 達(日本ロングトレイル協会 代表理事、安藤百福センター センター長)
山の日とロングトレイル
磯野 剛太(全国山の日協議会理事長、日本山岳ガイド協会理事長)

報告「安藤財団のロングトレイル振興への取り組みについて」
荒金 善一(安藤スポーツ・食文化振興財団 事務局次長)

18:00〜 懇親会(会費 4,000円)

※2月24日(日)9:30 〜 12:30

ロングトレイルのつくり方講座「ロングトレイルのマネジメント」
 (トレイルの組織体制づくり、トレイルのリスクマネジメント 他)
  大西 宏志(信越トレイルクラブ 事務局長)
  村田 浩道(日本ロングトレイル協会 事務局長)
 参加費 1,000円

※プログラム・講演者などは予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。


■お問い合わせ・お申し込み

安藤百福センター ロングトレイルシンポジウム係(担当 安藤、小島)
 〒384-0071 長野県小諸市大久保 1100
 TEL 0267-24-0825  FAX 0267-24-0918
  ⇒ メールでのお申込はこちら
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 13:30| 事務局通信

2019年02月14日

【告知】とっとり横断ロングトレイルシンポジウム

トレッキング・ウォーキングに興味のある方必見!

開催日: 2019年3月15日(金)
場所 : 鳥取県立博物館
主催 : 鳥取県

お問い合わせ: 特定非営利活動法人 未来

tottori_oudan_longtrail_sympo.jpg
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 21:29| 事務局通信

2019年02月05日

広島湾岸トレイル情報

広島一願道(hiroshima one gun trail)!
 ◎我らの願い「越えて。明日に向かって今こそ...all広島・広島一願道」は、
  熊野高校書道部(廣田莉乃部長)による復興の願いを込めた「書」です。
  西日本豪雨災害・復興へのご支援、ご協力をお待ちしています。

HWTのガイドシステム
 ◎ご希望の日に、ご希望のコースをご案内します。
  全踏破を目指す!未体験のコースを歩く!知人、友人、仲間と歩く!
  山の知識、技術を習得しながら歩く!初めての山の個人レッスンで歩く等に最適です。

HWTを歩く...”季節の花めぐり”
 ◎HWTが初公開する季節の花だより...誰も知らない一大群生地の花は?それは何処?
  4/6−クマン岳(瀬戸コース/コースno26)の”ミモザ”と”ワラビ狩り”
  6/8−極楽寺山(広島コース/コースno15)の”スイレン”と”極楽寺参拝”
  6/22−備前坊山(広島コース/コースno8)の”ヤマアジサイ”と”大薄集落跡探訪”

hanameguri_1m.jpg
posted by 日本ロングトレイル協会事務局 at 11:48| トレイルニュース
日本ロングトレイル協会  INDEX 設立について 組織 加盟トレイル お問い合わせ

 INFORMATION レポート コラム メディア ▲ このページのトップへ

安藤スポーツ・食文化振興財団は、
ロングトレイル普及促進のお手伝いをしています。

© 2016- 特定非営利活動法人 日本ロングトレイル協会 制作:合資会社ティ・ボックス